PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

Excelで作成した表組みをWordPressに取り込む

「QHMでExcelの表組を取り込む」 と同様に、WordPressでも、Excelで作成した表組みをカット&ペーストして使用するようにします。オリジナルの表を出来るだけ忠実に取り込めるようにします。
※動作環境は、WindowsXP SP3 + Office 2003の組み合わせで確認しています。
※WordPressには、Pukiwiki形式の書式でブログを作成することを可能にする”PukiWiki for WordPress”と言う プラグインがあり、試したのですが、当方の環境では、使い勝手が悪くプラグインの導入をあきらめました。

そこで、ExcelからHTMLを吐き出させ、WordPressに貼り付ける戦法を採用することにしました。
出来るだけシンプルに対応できることを第一に考えて、「XLS2HTMLTable」というExcelのアドインを採用しました。

こちらの ベクターのダウンロードサイト  から入手することができます。

wp 00 291x300 WPでExcelの表組みを取り込む

Excelにアドインをセットアップ & 実行

 ダウンロードした圧縮ファイル(xls2htmltable.0.6.05beta.lzh)を解凍します。
解凍先のディレクトリにある「XLS2HTMLTable.xla」というアドインを指定の保存場所にコピーします。
WindowsXPの場合は、下記のディレクトリとなります。

C:\Documents and Settings\[User_name]\Application Data\Microsoft\AddIns

アドインを指定のディレクトリにコピーしたら、Excelを開いてアドインを有効化します。
手順は、ツール – アドインを選択し、XLS2HTMLTableにチェックを付けます。

wp addin01 300x276 WPでExcelの表組みを取り込む

次に、Excelで作成した表でQHMに貼付けした部分を選択し、ツール – XLS2HTMLTable を選択します。

 wp addin02 300x190 WPでExcelの表組みを取り込む

 次に、HTMLで吐き出す設定を行います。Excelの表組み通リに出力する場合は、下記の赤枠内の設定を行います。
設定内容を指定したら、Execute!ボタンをクリックします。

wp addin03 300x207 WPでExcelの表組みを取り込む

実行結果が表示され、Excelの表組みがHTMLに変換されます。ここで、[Copy All]ボタンをクリックします。

wp addin04 300x227 WPでExcelの表組みを取り込む

HTMLに変換されたコードをプレビューすることができますので、[Preview]ボタンをクリックします。
ここでの表示は、表組みの枠が表示されませんが問題ありません。
枠の表示は、スタイルシート(CSS)に記述します。

wp addin05 300x204 WPでExcelの表組みを取り込む

WordPressへ表組みを貼り付け

この状態で、Excelで選択した部分は、WordPressで利用できるHTML形式で、クリップボードにコピーされます。
WordPressにログインし、表を貼付けしたいページを開き、クリップボードの内容をコピーします。
赤枠内がXLS2HTMLTableがクリップボードに吐き出した、HTML形式の表組みリストとなります。

この時、前後に挿入されるコメント行をカットします。また、table要素に、スタイルシートで定義したクラスを追記します。

<table> ~ </table>までが表組みのコードとなります。

wp addin06 300x257 WPでExcelの表組みを取り込む

ページを更新して、WordPressの編集画面を終了します。Excelの表をそのまま貼付けすることができました。

wp addin07 300x219 WPでExcelの表組みを取り込む

オリジナルの表とHTML変換した表の比較

こちらの表が、オリジナルのExcelの表組みになります。

wp addin081 WPでExcelの表組みを取り込む

こちらが、HTML変換したコードで表示した表組みです。

項 目 詳 細 備  考
型番 OMRON BY35S 力率改善(PFC)回路内蔵電源に対応
運転方式 常時商用給電方式  
出力容量 350VA/210W  
出力波形 正弦波  
バッテリ容量 DC 12V / 7.2Ah 期待寿命4年~5年
バックアップ時間 約30分/負荷60W時 MicroServerの消費電力は、平均で約55W
その他機能 雷サージ 保護機能を搭載  
ソフトウェア PowerActPro4.3を搭載 停電時、サーバは自動的にシャットダウン動作を、実行します
(停電が復旧すると、サーバは自動的に起動します)

 

スタイルシートに表組みの仕様を追加

最後に使用中のテーマのスタイルシートに下記のコードを追加します。class名を指定してCSSを記述します。

table.excel {
        border-spacing: 0px;        /* セルとセルの間のスペースをゼロにする  */
        border-collapse: collapse;  /* 罫線同士の重なりを無くすようにする    */
        border: 1px solid #999;     /* 外枠の指定                 */
        background-color:#fff;      /* 背景色は白                            */
        empty-cells:show;           /* 表示が空白のセルはボーダを表示する    */
}

.excel td {
        padding: 5px;               /* セルの中に表示する文字の余白指定      */
        border: 1px solid #999;     /* セルの枠指定                     */

 

以上で、「WPでExcelの表組みを取り込む」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。