PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

NEC IX2005でPPPoE接続

NECのIPv6対応高速アクセスルーターであるUNIVERGE IX2005の初期設定を行います。

この製品は、旧モデル(GbE非対応)ですが、現行機種です。ちなみに、GbE対応品はIX2105となります。
当方は、WireSharkでポートミラーリングを行うためと、RTX1100が故障した時の代替機として利用する目的で、オークションで入手しました。

業務用ルーターにふさわしく、非常にシンプルで、信頼性が高そうな設計がなされています。

ix2005 PCB1 300x167 NEC IX2005でPPPoE接続

IX2005を使用した場合のネットワーク構成図を以下に示します。
※PR-200NEは、PPPoEブリッジモードで使用し、ひかり電話機能のみを使用するするようにします。

ix2005 01 300x243 NEC IX2005でPPPoE接続

 

コンソールケーブルの作成(変換ケーブル)

IX2005の初期設定は、コンソール端子に専用ケーブルを接続して、ターミナルプログラムからルーターの初期設定を行う必要があります。

あいにく、コンソールケーブルの手持ちが無かったので、変換ケーブルを作成しました。RJ45コネクタの信号をDサブ(プラグ)コネクタへ変換しているだけのケーブルです。

RJ45 DSUB Cable 01 300x135 NEC IX2005でPPPoE接続

この変換ケーブルを使用すると、YAMAHAのVPNルーター用のコンソールケーブル(クロスケーブル)をそのまま利用できるようになります。IX2005とCentreCOM AR550Sで動作確認し、問題なく動作しています。

RJ45 DSUB Cable 02 300x139 NEC IX2005でPPPoE接続

 コンソールケーブルの仕様は、アライドテレシス社の下記の資料を参考にしました。

CentreCOM VT-Kit2 RS-232ケーブル(RJ-45/D-Sub 9ピン)

 

ターミナルソフトウェアの起動

コンソールケーブルを接続して、ターミナルソフトウェア(TeraTerm)を起動して、通信ポート設定を行います。

tera term 01 300x275 NEC IX2005でPPPoE接続

 

IX2005の設定を初期化

最初に、設定の初期化を行います。
電源を投入し、Loading: ################## が表示されているところで、CTRL+C を入力します。

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2005-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ##################
NEC Bootstrap Software, Version 9.1
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
boot[0]> cc
Enter Y to clear startup configuration: y
% Startup configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 9.1
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
boot[0]> dc
Enter Y to clear default configuration: y
% Default configuration is cleared.

NEC Bootstrap Software, Version 9.1
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
boot[0]> b

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2005-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ################################################################ [OK]


Starting at 0x20000
(略)

初期化が完了したらIX2005を再起動して、Diagnosticが正常に終了することを確認します。

NEC Diagnostic Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%DIAG-INFO: Starting System POST(Power On Self Test)

          DRAM TEST 1: Pass
          DRAM TEST 2: Pass
           NVRAM TEST: Pass
             CPU TEST: Pass
             PLD TEST: Pass
             FE0 TEST: Pass
  FE1(SW-HUB)1-4 TEST: Pass
        SECURITY TEST: Pass
   1.5 VOLTAGE STATUS: 1.466V Pass
   2.5 VOLTAGE STATUS: 2.483V Pass
   3.3 VOLTAGE STATUS: 3.251V Pass
   TEMPERATURE STATUS: +44.0degC Pass

NEC Bootstrap Software
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.

%BOOT-INFO: Trying flash load, exec-image [ix2005-ms-8.7.22.ldc].
Loading: ################################################################ [OK]


Starting at 0x20000

Configuring router subsystems (before IDB proc): done.
Constructing IDB(Interface Database): done.
Configuring router subsystems (after IDB proc): done.
Initializing router subsystems: done.
Starting router subsystems: done.

All router subsystems coming up.

NEC Portable Internetwork Core Operating System Software
Copyright Notices:
Copyright (c) NEC Corporation 2001-2011. All rights reserved.
Copyright (c) 1985-1998 OpenROUTE Networks, Inc.
Copyright (c) 1984-1987, 1989 J. Noel Chiappa.

 

IX2005のPPPoE接続設定

IX2005の初期化が完了したので、プライベートアドレス設定,httpサーバ設定とPPPoE接続設定を行います。

最初に、configを有効にします。

Router# enable-config
Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

次に、設定を行います。下記の設定をカット&ペーストして、ルーターに流し込みます。

Router(config)# 
! #############################
! PPPoE Settings 2012.07.18
! #############################

timezone +09 00
hostname [ix2005]

ntp ip enable
ntp server 210.173.160.27
ntp retry 3
ntp interval 3600

logging buffered 131072
logging subsystem all notice
logging timestamp datetime
syslog facility local5
syslog ip host 192.168.0.26

username UserID password xxxxxxxxxxxxxxxx administrator

ip dhcp enable
ip access-list telnet-source permit ip src 192.168.0.0/24 dest any
ip access-list web_console permit ip src any dest 192.168.0.0/24
ip ufs-cache enable

ip directed-broadcast

telnet-server ip enable
telnet-server ip access-list telnet-source

http-server username admin
http-server ip access-list web_console
http-server ip enable

ppp profile web_fastethernet0.1
  authentication myname isp接続情報
  authentication password isp接続情報 パスワード

ip dhcp profile sw-hub
  assignable-range 192.168.0.230 192.168.0.253
 subnet-mask 255.255.255.0
  default-gateway 192.168.0.1
  lease-time 86400
  dns-server 192.168.0.26 192.168.0.1
  exit

device FastEthernet0
device FastEthernet1
  port 3 mirror-port 4 both
  exit

ip route default FastEthernet0.1

proxy-dns ip enable
proxy-dns server 203.141.128.35 priority 254
proxy-dns server 203.141.128.33 priority 254

interface FastEthernet0.0
  ip address 192.168.1.254/24
  no shutdown

interface FastEthernet1.0
  ip address 192.168.0.1/24
  ip dhcp binding sw-hub
  no shutdown

interface FastEthernet0.1
  description Interlink
  encapsulation pppoe
  auto-connect
  ppp binding web_fastethernet0.1
  ip address ipcp
  ip mtu 1454
  ip tcp adjust-mss auto
  ip napt enable

! ip napt static FastEthernet0.1 udp 500
! ip napt service http 192.168.0.26 none tcp 80
  ip napt service smtp 192.168.0.26 none tcp 25

! PacketiX VPN Serever
  ip napt static 192.168.0.26 udp 500
  ip napt static 192.168.0.26 udp 4500
  ip napt static 192.168.0.26 tcp 1723

! PacketiX VPN Server GRE(47),ESP(50)
  ip napt static 192.168.0.26 47
  ip napt static 192.168.0.26 50


  no shutdown

interface Loopback0.0
  no ip address

interface Null0.0
  no ip address
  exit

設定をスタートコンフィグへ保存します。

Router(config)# write memory
Building configuration...
% Warning: do NOT enter CNTL/Z while saving to avoid config corruption. 

 

Webブラウザからアクセス

設定が完了したので、ネットワーク上のPCのWebブラウザから、IX2005の管理画面にアクセスしてみます。

FastEthernet1.0のプライベートアドレス(192.168.0.1)をブラウザに入力して、ルーターの管理画面にアクセスします。

ix2005 web 01 276x300 NEC IX2005でPPPoE接続

右上のログイン実行ボタンを押すと、ユーザ名/パスワードを入力画面が現れますので、ユーザ名とパスワードを入力して、OKボタンをクリックします。

ix2005 web 021 300x107 NEC IX2005でPPPoE接続

ログインすると、Web GUI上で各種設定を行うが出来ます。
ヤマハのRTX1100同様、すべての設定を行う機能はありませんので、「設定の確認に使える程度」と割り切って使用するほうが良いようです。

ix2005 web 031 242x300 NEC IX2005でPPPoE接続

<PPPoE接続情報を確認します

ix2005 web 04 300x295 NEC IX2005でPPPoE接続

 

以上で、「NEC IX2005でPPPoE接続」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。