PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

Adaptec RAID 2405 のRAID BIOSをアップデート

 Adaptec RAID 2405 のBIOSをアップデートする手順を記述します。

RAID 00 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

アップデート開始前に操作手順を熟読します。

Adaptec Flash Utilityの使用(付録F)

本カードは、アップデートが失敗したときのためのリカバリー方法が用意されていますので、安心して書き換えを実施することができます。(Mode 0フラッシュ)

RAID BIOS 20 293x300 Adaptec RAID のBIOS更新

事前準備

まず最初に、アダプテック社のWebサイトから最新版のRAID BIOSをダウンロードします。
こちら Adaptec RAID 2405 BIOSのダウンロードサイト からダウンロードできます。
RAID BIOS DL 300x266 Adaptec RAID のBIOS更新

 

 2011年10月現在の最新版は、

 V5.2-0 [Build 18252]

 2010年12月20日

ダウンロードしたファイルを解凍します
RAID BIOS 00 300x236 Adaptec RAID のBIOS更新

解凍したファイルを一式、MS-DOS起動ディスクにコピーします。
MS-DOSを持っていない場合は、FreeDOS等のフリーで使用できるDOSや、MicoServerのBIOSを書換え時に使用したUSBメモリ(DR-DOS7.03で、評価または非営利目的であれば無料で使用できます)が使用できます。
ここでのポイントは、MS-DOSをクリーンブートし、書換えプログラムを実行させることです。

DR-DOS7.03/V 非公式インストールマニュアル

ここでは、MicroServerのBIOSアップデートで使用したUSBメモリを流用して、RAID BIOS書換えディスクとします。
MicroServerのBIOS書換えディスクの中身は、下記のようなファイル構成になっています。
RAID BIOS 03 300x265 Adaptec RAID のBIOS更新

隠しファイル(COMMAND.COMやAUTOEXEC.BATなど)が表示しない場合は、表示させます。
ツール - フォルダオプション - 表示を選択し、ファイルとフォルダの表示で「すべてのファイルとフォルダを表示する」を選択します。
RAID BIOS 04 300x295 Adaptec RAID のBIOS更新

隠しファイルが表示するようになりましたら、AUTOEXEC.BAT ファイルを開き、MicroServerのBIOS書換えが自動実行しないように、実行コマンドを無効にします。(Flash.batの呼び出しを無効にします。このbatのなかで、kbd.exeコマンドが実行されます)
RAID BIOS 05 300x229 Adaptec RAID のBIOS更新

次に、Adaptec社のWebサイトからダウンロードしたRAID BIOS一式をUSBメモリにコピーします。
ここでは、adaptecディレクトリを新規に作成し、そのディレクトリにファイルをコピーします。
RAID BIOS 06 300x211 Adaptec RAID のBIOS更新

RAID BIOSのアップデート

作成したUSBメモリをMicroServerのUSBコネクタに挿入し、電源を投入します。
USBメモリに格納されているDOSが起動しますので、RAID BIOS書換えプログラム(afu.exe)を起動させます。
 c:\>\adaptec\afu ↓(Enter)と入力します。
RAID BIOS 07 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

Adaptec Flash Utility が起動します。
RAID BIOS 08 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

 現在のRAID BIOSのバージョンを確認します。
RAID BIOS 09 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

念のため、現在のRAIDBIOSイメージをバックアップ(セーブ)しておきます。
バックアップ用のディレクトリを指定して、OKをクリックすると、イメージファイルが4個バックアップされます。
(AS240501.UFI  ,  AS240504.UFI  ,  AS240501.UFI  ,  AS240504.UFI)
注意:ファイル名は新しいイメージファイルと同じ名前で保存されますので、必ず、ディレクトリを指定します。
RAID BIOS 10 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

 image saved successfully と表示することを確認します。
RAID BIOS 11 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

ここで、フラッシュのイメージをアップデートします。
イメージファイルの格納場所のディレクトリを指定します。イメージの格納先 C:\adaptec\を指定OKを押します。RAID BIOS 12 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

「アップデート中は、システムをリブートしないでください」という警告を表示します。そのままOKを押します。
※当然、MicroServerの電源は、絶対にOFFしてはいけません。(停電もアウトです)RAID BIOS 13 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

Flash ROMの書換え中の表示です。
RAID BIOS 14 300x188 Adaptec RAID のBIOS更新

書換えを完了し、データのベリファイ中の表示です。
RAID BIOS 15 300x185 Adaptec RAID のBIOS更新

最新版のRAID BIOSにアップデートされました。
RAID BIOS 16 300x185 Adaptec RAID のBIOS更新

「新しいファームウェアになったので、コンピュータを再起動してください」と表示します。
RAID BIOS 17 300x185 Adaptec RAID のBIOS更新

フラッシュ情報を表示させ、下記の最新版であることを確認します。
最新版は、           V5.2-0 [Build 18252]            2010年 11月22日

RAID BIOS 18 300x185 Adaptec RAID のBIOS更新

ここで、MicroServerの電源を落とし、USBメモリを取り外します。
取り外し後、MicroServerの電源を投入し、最新版のRAID BIOSにアップデートされたことを確認します。
RAID BIOS 19 300x185 Adaptec RAID のBIOS更新

以上で、「Adaptec RAID BIOS のBIOS更新」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。