PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

QHMでGoogleカスタム検索ボックスを設置

 QHMにGoogleカスタム検索ボックスを設置します。
検索ボックスの設置場所は、サイドメニュー部とし、検索結果の表示場所は、サイトのデザインを適用できるコンテンツ表示部分とします。

このような感じの検索ボックスと検索結果表示になります。検索ボックスのデザインや検索結果の表示(色指定)などは、自由に選択できるようになっています。(スタイルの選択/カスタマイズという設定項目があります)

qhm search01 300x287 QHMでGoogleカスタム検索

ここでは、Googleのアカウントはすでに取得済みであるものとします。
まだ、アカウントをお持ちでない方は、こちら Googleアカウントの作成 から無料で申込みすることができます。
アカウントを作成したら、下記の手順に従い、設置します。下記のGoogleの資料が参考となります。

 Google 検索エンジン最適化スターターガイド

 

  • 自分のサイト専用のカスタム検索エンジンを作成する。
  • 検索ボックス設置コードと検索結果表示コードをQHMにコピペする。
  • サイトマップを作成し、Googleへ送信する。
  • インデックスの登録リクエストをGoogleへ送信する。

 

Googleカスタム検索エンジンの作成

 最初に、自サイトを検索するためのカスタム検索エンジンを作成します。
こちら Googleカスタム検索エンジンの作成 にアクセスし作成することができます。
初めての場合は、赤丸内のカスタム検索エンジンの作成をクリックします。

qhm search02 300x236 QHMでGoogleカスタム検索 

次に、検索エンジンの説明を入力し、検索エンジンの定義に自サイトのURLを入力します。

qhm search03 300x237 QHMでGoogleカスタム検索

次に、レイアウトとスタイルを選択します。レイアウトは赤丸のように、2ページを選択します。
このレイアウトを選択することで、検索ボックス用のコードと検索結果表示用のコードを取得することができます。
レイアウトは、検索ボックスのデザインを好みに応じて、いろいろ指定することが可能です。

qhm search04 300x282 QHMでGoogleカスタム検索

次に、検索結果を表示するサイトのURLを入力します。
ここでは、検索結果を表示するページとして “search”という名前で登録しておきます。
この名前は、検索ボックス用のコードに埋め込まれます。この名前と表示するページ名を同一にする必要があります。
下記のコードをコピペしてQHMに貼り付けることになります。

qhm search05 233x300 QHMでGoogleカスタム検索

QHMのサイドメニューにGoogleカスタム検索ボックスを設置

 次に、QHMの管理画面にログインし、サイドメニューにGoogleカスタム検索ボックスを設置します。
サイトの -> メニュー編集 をクリックし、カスタム検索ボックスを表示したい場所に、先ほどのカスタム検索用のコード(Custom Serch Elementのコード)をコピペします。このコードは、html形式ですので、#html{{  ここにコピペ }}します。すでに検索ボックス用コードを設置している場合は削除します。

qhm search06 300x283 QHMでGoogleカスタム検索

次に、検索結果を表示させるための、専用ページを作成します。
サイトの -> 新規ページ作成 をクリックします。新規ページ名を”search”と入力して、作成ボタンをクリックします。

qhm search07 300x283 QHMでGoogleカスタム検索

作成したsearchページに検索結果を表示させるコードをコピペします。
作成したページは、サイトの -> ページ一覧から”search”を選択し、メニューの編集をクリックします。

qhm search08 300x241 QHMでGoogleカスタム検索

これで、Googleカスタム検索ボックスの設置が完了しました。
ただし、正しく検索結果を表示させるために、インデックス登録を行う必要があります。Googleにインデックスを登録してもらう為に、サイトマップを作成しGoogleへ送信、なおかつ、インデックス登録リクエストを送信する必要があります。
(この作業をインデックス作業と言います)

 

自サイトの所有権確認

 最初に、Googleウェブマスターツールを使用して、サイトの所有権確認を行います。
こちらの Googleウェブマスターツール からログインして設定します。

qhm search09 300x245 QHMでGoogleカスタム検索 

ログインしたら、サイトを追加を選択し、自サイトのURLを入力します。

 qhm search10 300x212 QHMでGoogleカスタム検索

サイト所有権の確認を行います。お勧めの手順に従いHTMLファイルをダウンロードします。
下記の手順2-4を実行します(サーバにアップロードし、指定されたページにアクセスします)

qhm search11 300x209 QHMでGoogleカスタム検索

ブラウザから、指定のアドレスへアクセスします。

 qhm search12 300x116 QHMでGoogleカスタム検索

確認ボタンを押すと所有権の確認が終了します。

qhm search13 300x100 QHMでGoogleカスタム検索

 

サイトマップの作成

 サイトの所有権確認が済んだら、ロボット型検索エンジンにサイトの各ページをよりインデックスしてもらいやすくするために、サイトマップ(XML形式ファイル)を作成して、Googleウェブマスターツールへ登録します。

 こちらの FC2サイトマップの作成 から作成することができます。

URLを入力し、サイトマップ作成をクリックします。

 qhm search14 300x219 QHMでGoogleカスタム検索

数分すると、サイトマップが作成されますので、[サイトマップ保存] をクリックします。
Sitemap.xmlという名前で保存します。

 qhm search16 205x300 QHMでGoogleカスタム検索

 

Googleへサイトマップを送信

 作成したサイトマップ(Sitemap.xml)は、サイトのルートディレクトリ(index.htmlやindex.phpなどがある階層)へアップロードしておきます。  アップロードが完了したら、Googleウェブマスターツールからサイトマップを送信します。
Sitemap.xmlファイルは、検索エンジンのためのサイトマップ情報となります。

qhm search17 300x232 QHMでGoogleカスタム検索

サイトマップが追加されます。

qhm search18 300x218 QHMでGoogleカスタム検索

 

Googleへインデックス登録リクエストを送信

  Googleカスタム検索にログインし、サイドメニュー部の [インデックス作成] をクリックします。
自サイトのサイトマップを選択して[今すぐインデックス登録] ボタンをクリックします。

qhm search19 300x234 QHMでGoogleカスタム検索

「インデックス登録リクエストを送信しました」と上部に表示することを確認します。

qhm search20 300x248 QHMでGoogleカスタム検索

これで、Googleカスタム検索に検索結果が表示されるようになります。
インデックスの作成に数時間かかるので、徐々に検索結果が表示されるようになります。

以上で、「QHMでGoogleカスタム検索ボックスを追加」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。