PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

Excelで作成した表組みをQHMに取り込む

 普通、パソコンで表を作成する場合、MicroSoftのExcelやその互換製品を使用することが一般的だと思います。
当方も表を作成する場合は、Excelにお世話になります。簡単な文章の作成もExcelで代用してしまいます。

という訳で、Excelで作成した表をそのまま、QHMに貼付ける方法を記述します。
※動作環境は、WindowsXP SP3 + Office 2003の組み合わせで確認しています。

 qhm 00 300x229 QHMでExcelの表組みを取り込む

Excelにpukiwiki形式で表組みを出力するアドイン

 Excelで作成した表をQHMで使用できるようにするアドイン(プラグイン)をアイデアマンズ株式会社が提供しています。
Wikiサポートアドインという名前で無償ツールとして提供されているアドインを使用します。

こちらの アイデアマンズ社のダウンロードサイト  から入手することができます。

ダウンロードしたファイル(WikiSupportAddin082.exe)をダブルクリックして、実行します。
アドインが指定場所にインストールされますので、Excelを開き、アドインを有効化します。
手順は、ツール – アドインを選択し、Wikisupportにチェックを付けます。

qhm addin01 300x276 QHMでExcelの表組みを取り込む

次に、Excelで作成した表でQHMに貼付けした部分を選択し、編集 – 書式付きWiki形式でコピーを選択します。
すると、選択した部分がQHMで利用できるWiki形式でクリップボードにコピーされます。

 qhm addin02 300x231 QHMでExcelの表組みを取り込む

QHMに表組みを貼り付け

 次に、QHMにログインし、表を貼付けしたいページを開き、クリップボードの内容をコピーします。
赤枠内がWikiサポートアドインがクリップボードに吐き出した、Wiki形式のExcel表組みリストとなります。

qhm addin03 300x282 QHMでExcelの表組みを取り込む

ページを更新して、QHMの編集画面を終了します。Excelの表をそのまま貼付けすることができました。

qhm addin04 300x282 QHMでExcelの表組みを取り込む

こちらの表が、Excelで作成したオリジナルの表となります。書式を含めて、ほぼ正確に貼付けされています。
Wikiサポートアドインの優秀さが判ります。

qhm addin051 QHMでExcelの表組みを取り込む

以上で、「QHMでExcelの表組みを取り込む」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。