PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

ハードウェアRAIDを採用する理由

 LinuxでRAIDアレイを実装する方法には、以下の3種類の方法があります。
各方式には、それぞれ特徴があり、状況に応じて使い分けすることが可能です。

  • ソフトウェアRAID
  • ハードウェアにアシストされたソフトウェアRAID(Fake RAID / Host RAID)
  • ハードウェアRAID

当サイトでは、多少コストアップしますが、「できるだけ簡単に運用できること」を最優先させて、ハードウェアRAIDを採用しています。
本当は、Fake RAIDを選択したかったのですが、残念ながら、MicroServerではLinux用のソフトウェア(ドライバ & 管理ソフトウェア)が未提供なので、採用できませんでした。
Fake RAIDは、使い勝手はハードウェアRAID並みで、コストはソフトウェアRAID並みなので、コストパフォーマンス的には最高なのですが、Linuxでは使用できず残念です。

HP ハードウェアRAIDとソフトウェアRAIDの比較資料1

Adaptec ハードウェアRAIDとソフトウェアRAIDの比較資料2

 

ハードウェアRAIDとソフトウェアRAIDの比較

機能 純粋な
ソフトウァRAID
ハードウェアにアシスト
されたソフトウェアRAID
(Fake RAID)
RAIDコントローラを搭載
したハードウェアRAID
実装例 すべてのRAID機能を、ソフトウェアで処理する。 チップセットにRAID機能の一部を搭載しており、ソフトウェアでRAIDを実現
MicroServerでは、サウスブリッジ(SB820M)にRAID機能が含まれている
RAID BIOSは標準搭載している
RAIDコントローラ + メモリを搭載したRAIDカードを使用する
Adaptec社の “ASR 2405″ /  “ASR 6505″などのカードがこのタイプ
ドライバ/アプリケーション CentOSでは、”mdadm”アプリケーションを使用する Linuxではドライバが未提供なので使用できない
Windows版ドライバは有り
CentOSでは、”aacraid”ドライバを使用する
管理用アプリケーション 無し(linux) Linux版は無し
Windows版は有り
Adaptec社:Adaptec Storage Manager
Linuxでの使用可否 使用可能 Linuxではドライバが提供されないので使用できない カードを追加するでけで使用できる
(標準でドライバが組込まれている)
コスト 安い 安い 高い
運用 難しい 簡単 簡単
RAIDアレイのセットアップ コマンドレベル 初期設定はRAID BIOSから行えるが、Linuxでは使用できない 初期設定はRAID BIOSから行える
日々の運用 自分で良否を把握する必要がある
不具合発生時はメールで連絡される
Linuxでは使用できない 運用はAdaptec Storage Managerで管理
不具合発生時はメールで連絡される
トラブル時の対応(再構築など) RAIDアレイが壊れた場合
は自分で再構築を実行する必要がある
Linuxでは使用できない 自動的に再構築が実行される
(何もしなくても勝手に復旧する)

 

以上で、「ハードウェアRAIDを採用する理由」を終了します。

 

ビジュアルエディタにテーマのCSSを適用し実際の表示に合わせる

 ビジュアルエディタを使用して記事を作成する場合、実際の投稿画面と表示が異なり、記事の作成中に何度か「変更をプレビュー」で確認しないいけません。この手間を無くす良い手段があります。

editor 295x300 ビジュアルエディタにCSSを適用

 

ビジュアルエディタの表示に、実際の表示に使用するスタイルシートの一部分をコピーして、個別に指定します。すると、実際の表示と同じイメージで表示することが出来ます。

ビジュアルエディタで、見出し等をこのように表示させることができます。 (実際の表示と同じイメージで確認できます)

ビジュアルエディタにCSSを適用

ビジュアルエディタにスタイルシートを適用するために、TinyMCE Advanced プラグインの設定を変更します。
WordPressにログインし、管理画面からプラグインの設定を変更します。変更箇所は、Advanced Options設定の[Import editor-style.css.]にチェックを入れて、設定を保存するでけで、CSSを適用することができます。

tinyMCE1 ビジュアルエディタにCSSを適用

スタイルシート(editor-style.css)の新規作成

テーマファイルのスタイルシートが保存されているディレクトリへ”editor-style.css”ファイルを設置します。
新規にファイルを作成し、スタイル指定を記述します。当方は、見出しと表組みの書式等を記述しました。
テーマのスタイルシートから、必要な部分をカット&ペーストすれば簡単に、指定することができます。

デフォルト状態での表示を下記に示します。

editor style none ビジュアルエディタにCSSを適用

スタイルシートを使用した場合の表示を下記に示します。

  editor style ビジュアルエディタにCSSを適用

実際の表示を以下に示します。実際の表示とビジュアルエディタ上の表示を、ほぼ合わせることができました。

real style ビジュアルエディタにCSSを適用

以上で、「WPでエディタ上の表示をCSS指定」を終了します。

 

PukiWiki形式の表組みをWordPressに貼り付け

前回、「WordPressでExcelの表組みを貼り付け」という記事を投稿しているのですが、簡単に表組みを貼り付ける方法がありました。※使用方法に若干、制約が発生します。
「PukiWiki for WordPress」というプラグインを導入します。このプラグインを導入することで、QHMと同じ手順でExcelの表組みを貼り付けることが出来るようになります。

プラグインを導入すると、HTMLのメニューバーに”pukiwiki”,”/pukiwiki”というタグが追加されますので、そのタグの間に表組みのコードを貼り付けるだけの簡単操作となります。

PukiWiki形式の表組みを貼り付け

Excelの表組みを貼り付ける場合、WordPressのpタグとbrタグの自動整形を停止させる必要があります。
基本的には、HTMLのみで文章を投稿する人専用となります。
自動整形を完全に停止してしまうと、ビジュアルエディタとHTMLを切り替えながら使用する場合には、使い勝手が悪いところがあります。
一方、自動整形を利用する場合は、一度投稿した記事の再編集時、余分な改行が付加されてしまい、表示がおかしくなってしまうという不具合が発生します。
結局当方は、自動整形を使用することを前提に、HTML変換したコードをWordPressに貼り付ける方法を採用することにしました。

下表が、PukiWiki形式で貼り付けしたExcelの表組みとなります。
※表の背景色は、スタイルシートを修正して、白(#FFFFFF)に修正しています。

br /> |BGCENTER:項 目|BGCENTER:詳 細|BGCENTER:備  考|<br /> |LEFT:型番|LEFT:OMRON BY35S|LEFT:力率改善(PFC)回路内蔵電源に対応|<br /> |LEFT:運転方式|LEFT:常時商用給電方式|RIGHT:|<br /> |LEFT:出力容量|LEFT:350VA/210W|RIGHT:|<br /> |LEFT:出力波形|LEFT:正弦波|RIGHT:|<br /> |LEFT:バッテリ容量|LEFT:DC 12V / 7.2Ah|LEFT:期待寿命4年~5年|<br /> |LEFT:バックアップ時間|LEFT:約30分/負荷60W時|LEFT:MicroServerの消費電力は、平均で約55W|<br /> |LEFT:その他機能|LEFT:雷サージ 保護機能を搭載|RIGHT:|<br /> |LEFT:ソフトウェア|LEFT:PowerActPro4.3を搭載|LEFT:停電時、サーバは自動的にシャットダウン動作を、実行します&br;(停電が復旧すると、サーバは自動的に起動します)|<br />

 

以上で、「WPでPukiWiki形式の書式を使う」を終了します。

 

サーチエンジン最適化とは

 みなさんは、パソコンで調べ物をするとき、検索エンジンをごく普通に使用していると思います。
この検索エンジン経由での訪問者を増やすための方策を、「サーチエンジン最適化(以後、SEO)」対策と言います。

google01 300x282 サーチエンジン最適化(SEO)

 検索エンジンでは、Googleが圧倒的なシェアを確保していますので、ここでは、「Googleにいかにしてインデックスしてもらうか?」ということに、重点をおいて対策します。

検索結果をなるべく上位に表示させることで、サイトを訪れてくれる訪問者(お客様)を増やすことができます。

サイトにちょつとした工夫をくわえることで、検索エンジン、訪問者双方に優しいサイトを構築することができます。

 

大御所(Google)の資料が参考となりますので、まずは一読します。

Google 検索エンジン最適化スターターガイド

 

下表は、当サイトのSEO対策の一覧表となります。

No. 検索エンジン最適化
スターターガイドの内容
ポ イ ン ト 当サイトで導入したSEO対策
1 ページタイトルはtitleタグで指定する ・ぺージの内容を適切に記述する
・ページ固有のタイトルを付ける
・簡素なタイトルを付ける
当サイトでは「ブログサイト名|ブログタイトル名」を表示
 -> All in one SEO Packを導入
2 descriptionメタタグを設定する ・ページの内容を正確にまとめる
・ページ固有のdescriptionメタタグ
 を付ける
各ページごとにdescriptionメタタグとキーワードを設定
 -> All in one SEO Packを導入
3 わかりやすいURLを付ける
※URLは検索結果に表示される
・URLはコンテンツに関連した単語
 にする
・ディレクトリ構造をシンプルにする
・1つのページにURLは1つにする
パーマリンクに判りやすいURLを使用
 -> /%category%/%postname%/を指定
ディレクトリ構造をシンプルにする
 -> WP No Category Baseを導入
 ->  SEO Slugsを導入
4 ナビゲーションを判りやすくする ・自然な階層構造にする
・ナビゲーションはできるだけテキス
 トにする
・HTMLとXMLのサイトマップを用意
 する
・404エラーページを用意する
・ユーザ用サイトマップページを用意 
 -> PS Auto Sitemapを導入
・検索エンジン用サイトマップを用意
 -> Google XML Sitemaps with Multisite
    supportを導入
5 質の高いコンテンツを提供する ・読みやすい文章を作成
・トピックごとにコンテンツを整理
・独自のコンテンツを作成
・役に立つコンテンツの作成
わかりやすくユーザのためになるコンテンツを用意
6 適切なアンカーテキストを書く ・リンク先の内容が判るようにする
・簡潔なテキストにする
・リンクだとすぐわかるようにする
リンク先を示すテキストは、ブルーを指定
7 画像の利用を最適化する ・altテキストを付ける イメージにタイトル属性とalt属性を付ける
 -> SEO Friendly Imagesを導入
8 見出しタグを適切に使う ・コンテンツのキーワードを考える
・見出しタグは慎重に利用し、使い
 すぎない
h1タグからh3タグで適切に見出しを設定
9 robots.txtを効果的に設定する ・検索結果のようなページはクロー
 ルさせない
・プロキシサービスによって生成さ
 れたURLはクロールさせない
robots.txtを効果的に設定
10 リンクにnofollow属性を活用する ・コメントスパムにはnofollow属性で
 対処
・コメント欄や掲示板には自動で
 nofollowを追加
スパム対応を実施する
 -> SI CAPTCHA Anti-Spamを導入
 -> Trackback Auto-discovery を外す
11 携帯ユーザを適切に誘導する ・モバイル版サイトを用意する テーマをiPhoneスタイルに変更して表示
 -> WPtouchを導入
12 サイトを宣伝する ・ソーシャルメディアを活用する
・コミュニティに参加する
Twitter/Facebookなどを導入
13 便利なツールを活用する ・ウェブマスターツールを使用する
・ウェブサイト分析ツールを使用する
各種ツールを導入
 -> Googleウェブマスターツールを導入
 -> Google Analyticsを導入

 

このサイトで実施したSEO対策

 このサイトでは、下記のようなサーチエンジンのための最適化を実施しています。

  • パーマリンクの設定を変更して、インデックスされやすいURLにする。
  • スラッグは、記事の内容を示すキーワード(英語表記)を使用する。
  • 検索エンジン用のサイトマップを作成し、検索エンジンサイト(Google等)へ送信する。(自動)
  • SEOのためのプラグインを組込む。
  • 内容を充実させて、リンクをたくさん貼ってもらえるようにする。
  • 記事のタイトルは、的確なキーワード含んだものにする。
  • 画像添付時は、的確な代替テキスト(alt属性)を入力する。

パーマリンクの設定変更

検索エンジンにインデックスされやすいように、サイトのURL表示を的確な表示に変更します。
当サイトでは、日本語の表記はせずに、短めの英語表記にしています。

seo 01 300x239 サーチエンジン最適化(SEO)

この記事の場合のURLは、
  http://www.pc-links.com/blog/w……press/seo/
と表示されます。

スラッグの設定

 投稿時、パーマリンクの編集を行い、記事の内容を的確に表現するキーワードに置き換えます。
パーマリンク設定は、カスタム設定を選択して、「/%category%/%postname%/」が入るように設定していますので、投稿記事に日本語のタイトルをつけると、日本語がそのままURLとなり、非常に長々としたものになってしまいます。

スラッグとは、URLで表示される%postname%を、自分の好きな表示に置き換えるための名前のことを言います。
この記事では、スラッグを”seo” としていますので、上記のようなすっきりとしたURLになります。
※スラッグ名は、カテゴリ、他のスラッグと重複しないように名前を付けます。重複した場合、自動的に-1とかになります。

 seo 02 300x219 サーチエンジン最適化(SEO)

サイトマップの作成(検索エンジン用)

 サイトマップを自動生成してくれるGoogle XML Sitemaps with Multisite supportというプラグインを使用します。
Google、Yahoo!、Bingなどの検索ロボットに対応する、検索エンジン用のXMLサイトマップを自動生成してくれます。

プログで、新しい記事を追加したりページを更新した場合、検索クローラがサイトに来てくれない限りは、検索結果に反映されません。
このプラグインを導入すると、検索エンジンのクローラ(ロボット)に、ページの存在を知らせ巡回を促すことができます。

記事をすぐに反映させたい場合は、Googleウェブマスターツール等を使用して、サイトマップの更新を行うようにします。
すると、検索エンジン(Google等)のクローラがブログサイトに来て、最新の記事をインデックスに登録してくれます。こうすることで、最新の記事が検索結果に反映されるようになります。

通常は下記の基本設定により、記事を作成(更新を含む)すると自動的にサイトマップも更新されます。
各検索エンジンには、自動的に更新通知が届きますので、手動でサイトマップを更新する必要はありません。

seo 03 300x270 サーチエンジン最適化(SEO) 

 All inOne SEO Packの導入

 All inOne SEO PAck 導入して、descriptionメタタグとキーワードを設定します。
Googleやその他の検索エンジンにこのブログの概要を短い文章で知らせることができます。
下記は、このサイトの設定(参考)となります。上の赤い四角で囲まれた部分は、このサイトのdescriptionメタタグとキーワードになります。各記事(ページ)ごとのdescriptionメタタグとキーワードは別に設定することができます。

seo 04 213x300 サーチエンジン最適化(SEO)

 各記事(ページ)ごとに、descriptionメタタグとキーワードを埋め込みます。これは、このページのメタタグとキーワードの内容となります。記事を書き終えたら、一番最後にある設定項目を記入して、更新ボタンをクリックします。

seo 05 300x128 サーチエンジン最適化(SEO)

SEO対策のためのプラグイン

SEO対策のために、いくつかプラグインを導入します。

    1. All in One SEO Pack
      作成したサイトのトップページや個別記事に対して、SEOを施すことができるプラグインです。
    2. Google XML Sitemaps with Multisite support
      サーチエンジン向けのサイトマップを自動で作成してくれるプラグインです。
    3. WP No Category Base
      URLから、/category/という余分表示を削除してくれるプラグインです。
    4. SEO slugs
      SEOに有利なスラック名にしてくれるプラグインです。余分な文字を削除します。
    5. SEO Friendly Images
      イメージにタイトル属性とalt属性を付けてくれるプラグインです。

 上記のような最小限のSEO対策を実施しましたが、基本は「コンテンツの中身」が重要だと思います。

以上で、「サーチエンジン最適化」を終了します。

 

Excelで作成した表組みをWordPressに取り込む

「QHMでExcelの表組を取り込む」 と同様に、WordPressでも、Excelで作成した表組みをカット&ペーストして使用するようにします。オリジナルの表を出来るだけ忠実に取り込めるようにします。
※動作環境は、WindowsXP SP3 + Office 2003の組み合わせで確認しています。
※WordPressには、Pukiwiki形式の書式でブログを作成することを可能にする”PukiWiki for WordPress”と言う プラグインがあり、試したのですが、当方の環境では、使い勝手が悪くプラグインの導入をあきらめました。

そこで、ExcelからHTMLを吐き出させ、WordPressに貼り付ける戦法を採用することにしました。
出来るだけシンプルに対応できることを第一に考えて、「XLS2HTMLTable」というExcelのアドインを採用しました。

こちらの ベクターのダウンロードサイト  から入手することができます。

wp 00 291x300 WPでExcelの表組みを取り込む

Excelにアドインをセットアップ & 実行

 ダウンロードした圧縮ファイル(xls2htmltable.0.6.05beta.lzh)を解凍します。
解凍先のディレクトリにある「XLS2HTMLTable.xla」というアドインを指定の保存場所にコピーします。
WindowsXPの場合は、下記のディレクトリとなります。

C:\Documents and Settings\[User_name]\Application Data\Microsoft\AddIns

アドインを指定のディレクトリにコピーしたら、Excelを開いてアドインを有効化します。
手順は、ツール – アドインを選択し、XLS2HTMLTableにチェックを付けます。

wp addin01 300x276 WPでExcelの表組みを取り込む

次に、Excelで作成した表でQHMに貼付けした部分を選択し、ツール – XLS2HTMLTable を選択します。

 wp addin02 300x190 WPでExcelの表組みを取り込む

 次に、HTMLで吐き出す設定を行います。Excelの表組み通リに出力する場合は、下記の赤枠内の設定を行います。
設定内容を指定したら、Execute!ボタンをクリックします。

wp addin03 300x207 WPでExcelの表組みを取り込む

実行結果が表示され、Excelの表組みがHTMLに変換されます。ここで、[Copy All]ボタンをクリックします。

wp addin04 300x227 WPでExcelの表組みを取り込む

HTMLに変換されたコードをプレビューすることができますので、[Preview]ボタンをクリックします。
ここでの表示は、表組みの枠が表示されませんが問題ありません。
枠の表示は、スタイルシート(CSS)に記述します。

wp addin05 300x204 WPでExcelの表組みを取り込む

WordPressへ表組みを貼り付け

この状態で、Excelで選択した部分は、WordPressで利用できるHTML形式で、クリップボードにコピーされます。
WordPressにログインし、表を貼付けしたいページを開き、クリップボードの内容をコピーします。
赤枠内がXLS2HTMLTableがクリップボードに吐き出した、HTML形式の表組みリストとなります。

この時、前後に挿入されるコメント行をカットします。また、table要素に、スタイルシートで定義したクラスを追記します。

<table> ~ </table>までが表組みのコードとなります。

wp addin06 300x257 WPでExcelの表組みを取り込む

ページを更新して、WordPressの編集画面を終了します。Excelの表をそのまま貼付けすることができました。

wp addin07 300x219 WPでExcelの表組みを取り込む

オリジナルの表とHTML変換した表の比較

こちらの表が、オリジナルのExcelの表組みになります。

wp addin081 WPでExcelの表組みを取り込む

こちらが、HTML変換したコードで表示した表組みです。

項 目 詳 細 備  考
型番 OMRON BY35S 力率改善(PFC)回路内蔵電源に対応
運転方式 常時商用給電方式  
出力容量 350VA/210W  
出力波形 正弦波  
バッテリ容量 DC 12V / 7.2Ah 期待寿命4年~5年
バックアップ時間 約30分/負荷60W時 MicroServerの消費電力は、平均で約55W
その他機能 雷サージ 保護機能を搭載  
ソフトウェア PowerActPro4.3を搭載 停電時、サーバは自動的にシャットダウン動作を、実行します
(停電が復旧すると、サーバは自動的に起動します)

 

スタイルシートに表組みの仕様を追加

最後に使用中のテーマのスタイルシートに下記のコードを追加します。class名を指定してCSSを記述します。

table.excel {
        border-spacing: 0px;        /* セルとセルの間のスペースをゼロにする  */
        border-collapse: collapse;  /* 罫線同士の重なりを無くすようにする    */
        border: 1px solid #999;     /* 外枠の指定                 */
        background-color:#fff;      /* 背景色は白                            */
        empty-cells:show;           /* 表示が空白のセルはボーダを表示する    */
}

.excel td {
        padding: 5px;               /* セルの中に表示する文字の余白指定      */
        border: 1px solid #999;     /* セルの枠指定                     */

 

以上で、「WPでExcelの表組みを取り込む」を終了します。