PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

PacketiX VPN ClientでVPN接続

PacketiX VPN Serverでは、Windows標準のVPN接続用ソフトウェアを利用して、VPN接続を行うことが出来ます。

今回は、PacketiX専用(純正)のVPN接続用ソフトウェアである「PacketiX VPN Client」を使用してみます。PacketiX VPN Serverベータ版では、Windows標準のVPNクライアントが使用できるので、PacketiX VPN Clientのインストールは、MUSTではありませんが、使い勝手がよさそうなので、試用してみます。

PacketiX VPN Client 01 300x237 PacketiX VPN Clientを使う

 

PacketiX VPN Clientの設定

PacketiX VPN Clientのインストールが完了したら、VPNサーバへの接続設定を行います。

PacketiX VPN Client接続メネージャ(vpmcmgr.exe)を起動し、最初に、仮想LANカードを追加します。
上部のタスクバーの’仮想LANタグ’ - 新規仮想LANカードの作成 を選択します。

PacketiX VPN Client 02 300x225 PacketiX VPN Clientを使う

仮想LANカードの名前を入力します。適当な名前でOKです

PacketiX VPN Client 03 300x138 PacketiX VPN Clientを使う

仮想LANカードが作成されます。/p>

PacketiX VPN Client 041 300x225 PacketiX VPN Clientを使う

VPN接続設定を行います。接続先VPNサーバの指定は、グローバルアドレスを指定します。

PacketiX VPN Clientは、httpsをベースにした独自のVPNプロトコルを採用しており、IPsecで使用する事前共有鍵は使用しません。セキュリテーは、パスワード方式の他に、証明書認証を選択することが可能です。
Windows標準のVPNクライアントとは、VPN接続方式(プロトコル)が、まったく異なります。

PacketiX VPN Client 051 300x225 PacketiX VPN Clientを使う

 

RTX1100 VPNルーターのポートフォワーディング設定

PacketiX VPN Clientでは、VPN接続設定で指定したポート番号を、’ポート開放’する必要があります。
また、フィルタを設定している場合は、指定したポートへのアクセスを許可するようにします。

[RTX]# nat descriptor masquerade static 1 2 192.168.0.26 tcp ポート番号
[RTX]# ip filter 74 pass * 192.168.0.26 tcp * ポート番号

 

PacketiX VPN Clientを使用してVPN接続

接続設定をクリックし、PacketiX VPNサーバに接続します。

PacketiX VPN Client 061 300x181 PacketiX VPN Clientを使う

VPN接続状況を確認します。

PacketiX VPN Client 07 300x256 PacketiX VPN Clientを使う

VPNクライアントのIPアドレスを確認しておきます。

PacketiX VPN Client 08 280x300 PacketiX VPN Clientを使う

 

一通り動作確認が済んだら、動作モードを変更して、簡易モードを使用してVPN接続させるようにします。

PacketiX VPN Client 01 300x237 PacketiX VPN Clientを使う

 

以上で、「PacketiX VPN ClientでVPN接続」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。