PCリンクスでは、パソコンの設定・修理から組込み機器の受託開発まで承ります。

 

MicroServerのBIOSをアップデート

MicroServerのBIOSをアップデートする手順について記述します。

BIOSアップデータの取得

まず、最初にhp社のWebサイトから最新版のBIOSデータをダウンロードします。
こちら MicroServer BIOSのダウンロードサイト からダウンロードできます。
biosdl 300x269 MicroServerのBIOSアップデート

 

  2011年10月23日現在の最新バージョンは、
   [ 2011.07.29 (A)25 8 2011]
 となります。

 適当な場所に保存します。

ダウンロードしたファイル(SP53393.exe) は、自己解凍形式のファイルなので、そのファイルを実行(ダブルクリック)し、ファイルを解凍します。
Save files in folder:で保存先を指定します。初期値は[c:\SWSetup\SP54344]です。
ファイルの解凍(展開)が終わると、以下のような表示がでます。
bios 1 300x286 MicroServerのBIOSアップデート

 
 この表示は確認のみを実施し、すぐ閉じてしまっても 問題ありません。

 USBメモリへの必要なファイルのコピーは、コマンドレベルで実行します。  

エクスプローラを開き、解凍(展開)先のディレクトリの内容を確認します。
確認するディレクトリは初期値のc:\SWSetup\SP54344 となります。
bios 2 300x131 MicroServerのBIOSアップデート

USBメモリへファイルをコピー

次に、USB Keyを作成するために、USB Key ディレクトリを開きます。
このディレクトリに、USBメモリでBIOSの書き換えを行う為のプログラムが一式、格納されています。
bios 3 300x131 MicroServerのBIOSアップデート
HPQUSB.exe という名前のファイルが、USB Keyを作成するためのプログラムとなりますので、このファイルをダブルクリックします。ダブルクリックする前にUSBメモリをUSBコネクタに挿入しておきます。

 

挿入したUSBメモリを選択して、Start ボタンをクリックします。
bios 4 300x235 MicroServerのBIOSアップデート

Formatされる(すべてのデータは消去される)が良いか?という確認メッセージがでるので「はい」を押します。
「はい」を選択すると、USBメモリ内のデータはすべて消去されます。
bios 5 300x58 MicroServerのBIOSアップデート

フォーマットが完了し、BIOSアップデート用のファイルの転送が完了しますので、「OK」を押し、その後「Close」を押して終了します。
bios 6 300x205 MicroServerのBIOSアップデート

エクスプローラでUSBメモリ内のファイルを確認します。
BIOS書き換えに必要なファイルがコピーされているはずです。
bios 7 300x205 MicroServerのBIOSアップデート

USBメモリにコピーされたファイルは、DOSとフラッシュ書き換え用のプログラムとBIOSデータ等になります。

O41040211.ROM という名前のファイルがBIOS ROMのデータです。
  

ここで、USBメモリを取り外します。
WindowsPCの場合は、右下のタスクトレイから[ハードウェアの安全な取り外し]を選択して、取り外しを行います。

 

MicroServerのBIOSのアップデート

次はいよいよ、MicroServerのBIOSの書き換え作業となります。
まず、MicroServerの電源が落ちていることを確認します。電源が入っている場合は、電源を落とします。
USBメモリをMicroServerに挿入します。挿入するコネクタは、前面でも背面のコネクタでもどちらでもOKです。

BIOSのアップデート中は、絶対に電源を切らないでください(停電もアウトです)
この操作をしくじると、MicroServerが2度と起動しなくなりますので、慎重に作業を進めます。

bios 8 300x177 MicroServerのBIOSアップデート

挿入したら、MicroServerの電源を投入します。
後は、自動でBIOSの書き換えが実行されますので、終了まで待ちます。
1分ぐらいであっという間に終わります。

 

BIOSの書き換えが終了(上記の表示が出てc:\>_となる)したら、MicroServerの電源を落とし、USBメモリを抜き、電源を投入します。
投入後、起動画面の表示を確認して、BIOSが正しく書き変わっていることを確認します。
bios 9 300x201 MicroServerのBIOSアップデート

最後にBIOSのセットアップを実施してアップデート終了となります。
セットアップは、必ず、Load Optimal Defaults を最初に実行し、動作環境に設定を合わせます。

以上で、「MicroServerのBIOSのアップデート」を終了します。

コメント

コメントを受け付けておりません。